貸切バスの料金相場は?一括見積りがおすすめの理由も

団体旅行やイベント、冠婚葬祭、大人数での移動などで貸切バスを利用する際に特に気になるのが料金や費用面ではないでしょうか。

この記事では、貸切バスのサイズ別の料金相場から料金を左右する様々な要因、そして一括見積りサービスを利用するメリットに至るまで、貸切バス利用の際に知っておくべき情報を詳しく解説します。

貸切バスの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

貸切バスの匠になるまでのチェックポイント1 貸切バスの料金相場

貸切バス

社員旅行や修学旅行など大人数での旅行の際に必ず利用する貸切バスには誰もが一度は乗ったことがあるのではないでしょうか。その他にも部活動の遠征など大人数での移動手段としてなどさまざまな場面で貸切バスを利用することがあります。

大人数ではないけれど10名程度で1台の車での移動は難しいといった場面でも10名〜13名程度が利用できるミニバスや15名〜でも利用できる小型バスなど、少人数でも貸切利用できるバスもあり、その時の人数や用途にあった貸切バスを貸切することができます。
以下で貸切バスの料金相場をサイズ別(大型・中型・小型・マイクロバス)に紹介していきます。

大型バス

定員:45名〜60名
料金相場:8万3100円〜11万9300円(税別)


最大53〜60名まで乗車可能な「大型バス」。バスツアーや修学旅行で利用されることが多く、会社によっては2階建てや、トイレ付き、ビールサーバー付きなど大人数の観光に適した様々なタイプのバスを用意しています。貸切利用する場合は8万3100円〜11万9300円(税別)が相場です。ただしすべてのバス会社が保有しているものではなく、空き状況にもよるため、希望の場合は見積もりの際に必ず伝えるようにしましょう。

大型バスをたくさん保有している会社は、短距離・短時間利用の場合、リーズナブルなお値段で提供してくれる場合があります。また大型バスは車幅、車高などが通常のバスに比べて大きいため、行き先や停留所などを決める際は必ず事前に停車可能かどうかを確認するようにしましょう。

中型バス

定員:28名
料金相場:6万9900〜10万2300円(税別)


定員は28名と大型バスの半分ほどですが、シートピッチが広く大柄な男性でもゆったりとくつろぐことができる「中型バス」。トランクも広く荷物も積めるので安心です。車内にはテレビやカラオケなども装備されており、社員旅行や少人数グループでの旅行などにもピッタリ。料金相場は6万9900〜10万2300円(税別)です。大型バスですと料金も高く、場所が有り余ってしまうのに対し、小型バスですとシートピッチが狭いため長時間乗車する観光では中型バスがおすすめです。

また空港送迎など15〜22名でスーツケースを1人1つ持っている場合も中型バスがおすすめ。実際海外からの観光客の送迎にも一番よく利用されているようです。

小型・マイクロバス

定員:21〜25名・18〜25名
料金相場:約5万8500〜8万5600円(税別)


15〜24名と少人数での利用におすすめな「小型バス」。 マイクロバスと違いリクライニングができるため観光や小旅行にピッタリです。しかし小型バスのトランクは非常に狭いのが難点。宿泊を含む旅行やゴルフ送迎などには荷物の量に注意しましょう。装備は中型バスと同等で観光以外の視察、研修、接待まで対応が可能です。

レンタル料金が安く気軽にレンタルできる「マイクロバス」。乗車人数は小型バスとほとんど変わりませんが、小型バスはマイクロバスと違って補助席がありません。部活動やスポーツ倶楽部の送迎などでよく利用されます。他にも近距離での小旅行や冠婚葬祭の参列者の送迎など短距離での移動に使用されることが多いです。また海やキャンプでの更衣室代わりに使うこともできます。

ミニバス

定員:10〜13人以下
料金相場:5万8500〜8万5600円(税別)


ロケバスにも頻繁に使われる「ミニバス」。10名〜13名のハイエースのため小回りが効き、どのバスタイプよりリーズナブルなのが特徴です。相場は5万8500〜8万5600円(税別)。会社によってはテレビや冷蔵庫が装備されており、リピーター率No.1。マイクロバス同様、小旅行や冠婚葬祭の参列者の送迎などにも利用することもできます。

ミニバスは、少人数のグループ旅行にちょうど良いサイズです。また、荷物スペースがあるので、アウトドア活動の移動手段としても便利です。運転手との距離も近いので、会話がしやすく、旅の楽しみ方も広がります。ミニバスならではのアットホームな雰囲気が魅力的で、リピート利用するお客様が多いのはそれだけ需要が高いからです。少人数での利用に最適なミニバスは、今後もロケバスの需要を支える重要な役割を果たすでしょう。

貸切バスの料金に影響する要素

貸切バスのサイズ以外で料金に影響する主な要素としては以下のことが挙げられます。

  • 時期
  • 走行距離や時間
  • 条件

時期

貸切バスの料金は時期によって異なり、繁忙期と閑散期では料金設定が異なるのが一般的です。

繁忙期に関しては、修学旅行や社員旅行、大規模イベントなどが集中する5月下旬から6月下旬、そして7月中旬から11月下旬にかけての期間です。これらの時期は需要が高まるため、バス会社の予約が埋まりやすく、結果として料金が高くなります。

一方、閑散期は需要が比較的低いため、料金も繁忙期に比べて低めに設定されることが多いです。特に、7月上旬や12月上旬から翌年の1月下旬にかけての期間は、バスの予約が少ないため、よりお得な料金でサービスを利用することが可能です。また、これらの閑散期においても、平日はさらに利用者が少ないため、特に料金が低くなります。

走行距離や時間

貸切バスの料金は基本的に、走行距離と利用時間に基づいて計算されます。これは、バス会社が運行にかかる燃料費や運転手の労働時間を考慮して料金を設定しているためです。
一般的に、貸切バスの利用における1日の目安とされるのは、8〜9時間の運行で、走行距離が200〜250km以内です。この目安の範囲を超えると、追加の走行距離や時間に応じて割増料金がかかる傾向にあります。

条件

利用の時間帯や運転手の宿泊の必要性などの条件も料金に影響する要素となります。例えば、深夜や早朝などの特定の時間帯にバスを利用する場合、通常の時間帯に比べて追加料金が発生することがあります。これは、夜間の運行が運転手の負担を増やすとともに、2人体制など安全面での配慮が必要となるためです。

また、長距離旅行や複数日にわたるイベントでの利用の際には、運転手の宿泊の必要性が生じることがあります。この場合、宿泊費がバスの料金に加算されることが一般的です。

貸切バスの匠になるまでのチェックポイント2 貸切バスの手配は一括見積りがおすすめ

お見積り

貸切バスを手配する際に、一括見積りサービスの利用は、時間と労力を大幅に節約することができます。専用フォームに入力した情報に基づいて、複数のバス会社からの見積りが自動的に集まるため、異なる会社のオプションや料金を一度に比較することが可能です。これにより、依頼者は要件に最も適したサービスを簡単に見つけることができます。さらに、一括見積りサービスは、特定の地域に限定されず、全国の様々な出発地と目的地から選択可能なため、地方の利用者にも便利です。また、貸切バスのタイプについても、小規模なグループから大規模な団体まで、さまざまなニーズに応じて最適なバスを選ぶことができるため、どのようなシチュエーションにも対応可能です。これらの利点を考慮すると、一括見積りサービスは、効率的かつ経済的な貸切バス利用のための最適なツールであることがわかるでしょう。

一括見積りサービスの利用場面

  • 社員旅行や研修
  • 学校の遠足や修学旅行
  • 大規模なイベント
  • 冠婚葬祭
  • スポーツチームやクラブ活動の遠征
  • 観光ツアーやグループ旅行

一括見積りサービスは、以上のような貸切バスを利用する多様なシーンにおいて非常に便利です。例えば、企業の社員旅行や研修を計画する際、多くの社員を効率的に移動させるためには、複数のバス会社のオプションを比較する必要があります。一括見積りサービスを利用すれば、複数の会社から一度に見積りを取得し、コストとサービスを簡単に比較できます。また、学校の遠足や修学旅行のような場合には、安全性や費用対効果を考慮したバスの選択が重要です。一括見積りを依頼することで、安全基準を満たしつつ予算に合った選択肢を迅速に見つけることができます。

大規模なイベントや冠婚葬祭などでの大人数の移動、スポーツチームの遠征、観光ツアーなど、さまざまなシチュエーションでバスのニーズが生じる際にも、一括見積りサービスは時間と労力を節約し、最適な運送手段を見つけるための強力なツールになります。

担当者は、必要な情報を入力するだけで、最適な提案を迅速に受け取ることができ、計画の立案と実行が大幅に容易になります。

貸切バスの匠になるまでのチェックポイント3 貸切バスの利用の流れ

一括見積りサービスを活用して貸切バスを利用する際の流れは以下の通りです。

バスガイド

バス会社の選択&見積り依頼
利用期間・発着地・車種・目的用途を入力してバス会社を検索します。
利用期間は最大7日間、車種は大型・中型・小型・マイクロバス・ミニバス・ジャンボタクシー・ミニバン・福祉車からお選びいただけます。
検索結果から見積りを依頼する運行会社をチェックしてください。

見積り回答
次にバス会社から見積回答が入ります。
(営業日により異なりますが、翌日午前中までにメールがにて届きます)
各バス会社の見積りを確認した上で比較し、依頼する会社を決定しましょう。

予約申込
お客様情報を入力し、予約申し込みボタンから申し込みをします。
バス会社より後ほど直接お客様へ連絡が入れば予約完了です。(お電話もしくはメールにて)

お支払い
お支払いはバス会社より振込先の連絡があり、直接バス会社へお振込となります。貸切バスの代金は前払いとなりますので注意してください。

バス貸切費用、ガソリン代、運転費用(乗務員代)、車内の施設料金は見積もり代金に含まれていますが、駐車通行料・回送通行料・乗務員宿泊料・フェリー代・延長代等、現地で発生するものは当日の現金払いとなります。
(※お支払いの期限は各バス会社の規定により異なる)

貸切バスの匠になるまでのチェックポイント4 貸切バスの料金相場をチェック!

貸切バス

いかがでしたか。今回は貸切バスを利用する際のサイズ別の料金相場や、料金に影響する主な要素、一括見積りがおすすめの理由、利用する際の流れなどを解説しました。貸切バスを利用するにはまずは何をしたら良いのかわからないという方でも貸切バスの匠であれば、利用期間・発着地・車種・目的用途を入力するだけで簡単にバス料金の見積もり依頼が可能。また複数のバス会社をまとめて見積もり依頼ができるので、簡単に最安値の貸切バスを見つけることができます。ぜひ貸切バスの匠の一括見積もりサービスを上手く利用して貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

24時間受付中 全国の貸切バスを無料一括見積もり

利用期間(最大7日間)

乗車場所

貸切バスの車種(人数)

貸切バス
達人が教える!

数社まとめて簡単お見積り
一番安い貸切バスがわかる!

一括見積り
一括見積り